ローコード(ノーコード)開発クラウドサービス『RAKUPiPPi(らくぴっぴ)』プレリリースのご案内

お知らせ, システム開発, 自社サービス

2019年秋から1年間の開発期間を経て本日2020年12月1日にローコード(ノーコード)開発クラウドサービス『RAKUPiPPi(らくぴっぴ)』をプレリリースしました!

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)とは?

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)は、WEB(クラウド)上でランディングページのデザインができ、さらにコーディングされたファイルを自動で書き出す、ローコード(ノーコード)ランディングページ作成ツールです。

https://rakupippi.com/

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)の導入メリット

⇒クライアント様向け

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)では、制作途中のランディングページを共有URLによって、WEB上で確認ができます。
また、一度発行された共有URLは更新することで常に最新状態を表示。

デザインチェックのために画像やPDFを確認していた手間が省け、面倒な制作会社とのやり取りもスムーズになりました

⇒制作会社の社長様向け

デザインから確認、コーディング済みファイルの書き出しまで、全てRAKUPiPPi(らくぴっぴ)上で作業が完了するため、今までランディングページ制作にかかっていた工数が大幅に減り、制作期間も大幅に短縮されます。

人員を増やさず導入前より多くのランディングページ制作案件をこなすことが可能になった

⇒WEBデザイナー様向け

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)でデザインしたランディングページは、そのまま自動的にコーディングされファイルとして書き出されます。
しかもPC、タブレット、スマホとレスポンシブも対応!

デザインFIXから納品までミスもロスもなく、残業もストレスもない毎日に!

RAKUPiPPi(らくぴっぴ)の機能

機能その1:デザイン作成機能

GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)によるデザイン作成。

機能その2:プレビュー機能

制作中のページが閲覧できる共有URLを発行。

機能その3:書き出し機能

作成したデザインを自動コーディングしてZIPファイルを書き出し。

皆様のお役に立てるサービスです是非ご相談下さい!

次世代ローコード(ノーコード)開発クラウドサービス『RAKUPiPPi(らくぴっぴ)』の詳細はこちらから>