【インタビュー】Respawn初の自社サービス「RAKUPiPPi」の生みの親に話を聞いてみた!

BLOG, インタビュー, 人材募集

Respawnで活躍するメンバーや働き方をお届けするインタビュー。
記念すべき第一回は、Respawn初の自社サービス「RAKUPiPPi」のメイン開発メンバーである田村さんにお話を伺いました!

【プロフィール】田村 真緒

2018年入社。Webディレクターとして出向し、各種プロジェクトに参画。
現在は自社サービス「RAKUPiPPi」の開発コアメンバーとして、ディレクションをはじめ、フロントエンドのデザイン・設計・開発まで幅広く担当。

【ノーコードLP開発サービス RAKUPiPPi】

https://rakupippi.com/

ソースコード書き出し機能を搭載しており、コーディング知識やスキルがなくてもコーディングファイルが作成可能。

公開したLPのPV数や各種ヒートマップをサービスページから確認できるLPO解析機能も搭載。
LPの制作から運用・最適化までワンストップで対応。

書き出しファイルを納品ファイルとして利用することも可能なため、LP制作会社における効率化促進ツールとしても活躍。


❝やりたい❞ の一言からスタートする開発プロジェクト

普段はSES事業を中心としている会社の中で、初の自社サービス開発となったと思います。開発チームの立ち上げや人選は、どのように進んだんでしょう?

田村真緒(以下、田村):私の場合は、自己申告で。
もともとサービス開発というよりはLP制作事業をやりたいですって話をしていたんです。
そこから話が発展して、LPのノーコード制作ツールの開発になりました。

多分、今ほかに動いてる開発チームも、誰かに言われたから作るって感じじゃなくて、「こういうことをやりたいです」ってところからスタートしていってると思います。

会社から指示があってやったという感じではないんですね!
むしろ発起人的な?

田村:そうですね。言い出しっぺではあります(笑)

つくるだけじゃない、自社サービス展開のむずかしさ

メンバーの皆さんは、プロジェクトとしての開発は初めてのチームですか?

田村:業務で一緒になるのは初めてですね。元々SESで出向しているメンバーがほとんどだったので。

元々、出向しながら社内でチームを組んでサービス制作をしようみたいな活動があったんです。もしそれが上手くできたら正式リリースしようねって。なかなかどのチームも実現までもっていくのは難しかったんですけど(笑)
ただ、そういう事自体はやっていたし、各々出向している時の経験もあるので、そんなに詰まったり困った感じはありませんでした。

じゃあその制作プロジェクトの延長だなみたいな感じで、気持ち的には始められたと。
実際の開発プロジェクトをやってみてどうでしたか?

田村:開発自体は楽しかったです!
実際に自分たちで考えて実装したものたちが動いて、サービスの売りであるLPがきちんと書き出されたのを見た時に「すごい!できちゃった!」って(笑)
体制に関しても、開発メンバーは4人と小規模で、全員同年代の女性ということもあって、コミュニケーションとかもスムーズで。楽しいです。

大変だったことは……というか大変だなと思っているのは今、ですね。

今ですか?

田村:やっぱりサービスって、作って終わりじゃないので。使ってもらわないと。
サービスを売るために、そもそもどうしたら使ってもらえるのか、認知してもらえるのかとか、そういうことを考えるのが大変だなって、今思ってます。

マーケティングの知識とか、それをふまえたアクションとか、今後はそういうところもきちんと考えていかなきゃいけないっていう課題はあります。

今は社内にマーケティングチームが発足しました。
そこに力を借りつつ、市場やこれからのアップデートの方向性なんかは自分たちで調べて決めていっている最中ですね。

Respawnは ” 自分のひとつの居場所 ”

ここまで聞いてると、全体的に会社から指示を受けたりしている感じがなくて、ご自分で考えて動かれているなって印象がすごく強いです。
田村さんにとってのRespawnってどんな存在でしょうか?

田村:うーん。会社ではあるんですけど、一つのコミュニティというか。
一般的な会社っぽくない。自分のひとつの居場所みたいなかんじですね。
がちがちに社員として所属しているっていう感じじゃなくて、コミュニティのメンバーだなっていう感覚でいます。

なるほど!先程から感じてるフラット感というか、自主性の高さみたいなところはそういうところからにじみ出てるんですね。

田村:ゆるいんですよね、いい意味で(笑)
堅苦しくなくて、相談しやすい。距離感が近いです。本当に。

ゆるいって、一つ間違えると仕事のメリハリがつかなくなる部分があると思うんですよ。
馴れ合っちゃったり、モチベーションが保てなかったりとか。
そういう環境の中、どうやって自分を焚きつけるんでしょう?

田村:確かに、そうですね。
でも、一緒にやってる仲間ががんばってくれてるので。私もやらなきゃなって

業務的な関係じゃなくて仲間って自然と言えるのってすごくいいですね。
お互いにリスペクトがあるからこそできるものだと思います。
これから先、こんな風に生きたい、仕事していきたいっていうビジョンのようなものはありますか?

田村:独立したいなって気持ちはずっとあって。

今はRAKUPiPPiだったり次のプロジェクトの開発に参加しているんですけど、私個人としてはLP制作っていう部分に注力して、個人でも活動していきたいかなって。

そうなってくると、制作のスキルを上げることもそうですけど、それ以外のマーケティングの知識とかも取り入れていかなきゃなって思ってます。そういうところをRespawnのプロジェクト活動から学んだりしていきたいなって。

逆に、独立したとしても、何かRespawnで一緒に活動したり手伝えることがあったら協力したいなって思います。
Respwanの繋がりがせっかくあるので、これからも何らかの形では、ずっと関わっていきたいなとは思ってますね。

インタビューは以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!


株式会社Respawnでは一緒に働く仲間を募集しています。